赤い花を添えて母の日にありがとうを伝えよう

ファミリー
  1. ホーム
  2. 行うときの注意と豆の理由

行うときの注意と豆の理由

豆

節分とは、季節の始まりの日の前日のことをいいます。近年では2月3日のことを指すことが多くなっています。一般的に「福は内、鬼は外」と言いながら炒り豆を巻いて、年の数もしくは1つ多く豆を食べて厄除けを行うという習慣です。節分は季節の行事ですので、取り入れている家庭も多いですが、3歳ごろの子どもが豆を食べると窒息してしまうケースがあるため注意が必要となります。大豆は形や大きさ、硬さから気道に入り込みやすく、特に乳幼児の喉は未発達のため気道に入りやすく窒息しやすく、小さな破片でも肺炎を越すこともあるため食べさせないようにします。誤って口に入ってしまうこともあるため、豆をまき終わったらきちんと掃除することも大切です。

乳幼児に危険があるのに節分で、なぜ節分を行うのかと思う人もいると思います。これは邪気を追い払うことを目的とした伝統行事だからです。炒り豆を投げて鬼の目を打ち潰して厄災を逃れたという故事伝説が元となっており、豆には「生命力と魔除けの力がある」という信仰から来ています。また、語呂合わせとして魔を滅するということにも通じており、鬼に豆をぶつけることによって邪気を追い払い無病息災を願うという意味合いがあります。豆を年の数だけ取り入れることで、体が丈夫になって風邪をひかないという習わしもあります。節分に太巻きを恵方を向いて食べる恵方巻きなども流行ってきており、コンビニやスーパーなどでも販売されています。